amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です。アニメの比重が高くなってます・・

GRスナップ「UP」

ひさびさのスナップ MITO MACHINAKA FES. 6th のひとコマなんか人出もイベント密度もパワーアップしてたような(^_^) この風船はフェスの中でのほんまもんの結婚式のものでした。 おめでとうございます。

SmartNewsの記事収集

先日書いたダンケルクの記事 amori.hatenablog.com がSmartNewsにピックアップされて、2日間で通常の約1ヶ月分相当のアクセスがありました。 (といっても元々が微々たるアクセスなので実数はたいしたことありませんが・・) ピックアップされたこと自体もそ…

刑事フォイル「臆病者」(ダンケルク回)

前の記事: amori.hatenablog.com で触れた、刑事フォイルのダンケルクに関係する回の録画が、幸いにもまだレコーダーに残ってたので観てみました。「刑事フォイル」は、第二次世界大戦中のイギリスのヘイスティングズという街を舞台にした刑事ドラマで、大戦…

「ダンケルク」を観るにあたって認識しておくといいかもしれないこと

「ダンケルク」初日に観てきました。 既に色々と評価が上がってますが、映画好きなら是非観ておくべき作品だと思います。「ダンケルクの奇跡(の撤退作戦)」は日本ではあまり認知されていないので、もし何にも知らないのであれば第二次世界大戦における大まか…

RIJ FES, 2017 ステップアップ

ご存知のようにRIJ FES.には様々なキャパのステージがあります。 デビュー直後は小さなステージに出て、バンドがメジャーになるに従って段々と大きなステージで演奏していく変遷を知り、グラスステージに至って「ついにここまで来たねー」と感じたり、今年は…

RIJ2017

今さらですがメモがわりということで。 「悪魔に魂を売って天気を買った渋谷陽一」という都市伝説の結界に守られたRock In Japan Fes. 2017の今年も天気に恵まれました。唯一、Day3の開場待ちから開演前まではかなり降ってましたが、開演一時間前には雨はす…

非公式サッカーW杯ランキング

まずタイトルから誤解されないように断っておきますが、この記事は世界のサッカーチームを綿密なデータや考察によるランク付けするものでは全くなく、 W杯出場決定のお祭り的アトモスファーの勢いで作成した、机上データで勝手にランキングつけるお遊びです…

「打ち上げ花火(中略)見るか?」・・観た

公開後、何やら「酷評」というワードがバズっていて、ならばこれは自分の目で確かめねばと観てきました。 ちなみに元のドラマ版は観てますが微妙に忘れてもいます。で、個人的な感想と結論は、 「普通に面白い。「物語」シリーズや「まどマギ」などのシャフ…

プリンセスプリンシパル 感想

東西に分割された19世紀末のロンドン・・・ヨダレが出そうな設定ではありませんか(^_^)で、第一回。 回転するガバナやアナログガジェットの描写がスチームパンク的設定を予感させます。ふむふむ、超エネルギーというか力学系を実現できる物質によって形成さ…

天使の3P(スリーピース) インプレッション

バンドものラノベという設定に惹かれて原作の第1巻だけ読んだ記憶があって、メモを掘り返してみたら、 「ロリ要素は記号に過ぎず、引きこもり青年が社会に向き合う成長譚、のプロローグ」 とありまして、 そうだった。 結局、引きがあんまり強くなくて続巻に…

藤井四段のニュースから推定計算

連勝記録の更新は止まってしまいましたが、これはむしろ次の記録更新の余地を残してくれたということで(^_^)将棋についてはルールを知ってるだけのど素人なのですが、やはりスターが現れると情報が増えて興味がどんどん深まりますね。日ハムの大谷とか卓球の…

正解するカド: 最終回の感想と総括

前回からの想像通り、やはりヤハクイザシュニナの掌の上での反撃でしかなかった、という展開からもう一回どんでん返しの最終回。今回は驚く前に笑ってしまいました(^。^)あーなるほどー、中盤からのラブロマンス要素はこのオチのためのあざとい伏線だったのね…

関ジャニ∞/ジャム: やはり「今」が別格

ザッピングしてて「あれ?Kenkenがテレビ出てる?」と見つけた、関ジャム完全燃SHOW。毎週の楽しみのひとつです。 で、この番組でお馴染みのアーティスト・プロデューサーたちが参加する新譜の「ジャム」を心待ちにしておりまして、早速買ってきました。・・…

貴族探偵 圧巻の最終回 \( ˆoˆ )/

終わっちゃったー・・・ほんと面白かったです。 いちげんさん放ったらかしの事件編では既読組には、過剰なまでの設定アレンジのフックに翻弄されまして、・えー、脅迫?予告? ・なーる、バラの飾りから星座オブジェにアレンジしてきたのか・・・って、え、…

正解するカド 第11話 それでもまだ希望が・・

えーっとですね、さすがにあと一回でステレオタイプな展開をひっくり返してはこれないでしょうねえ(-.-;)これまではこの作品のプロットについてのみ解釈や予想をコメントしてきたんですが、さすがに製作自体にコメントしたくなったので、これについては記事…

貴族探偵 第10話 もう、いちげんさんノーケアですな(´ー`)

「こうもり」で大盛り上がりのままいよいよ最終エピソードです。・・・ただし一般視聴者置いてきぼりでw第2話の感想で、 amori.hatenablog.com 「バブルの時にすら見られなかった、芯の通った狂った(褒め言葉)ドラマ製作をクールの最後まで続けさせてあげる…

正解するカド 第10話 ・・異方≠高次元

前回の展開から、第10話で語られた内容はまあ予測の範囲内でした・・悪い意味で(T_T)沙羅花他の異方存在が我々の宇宙を創世から観てた、ってのはまあいいとして、なんでメンタリティがそんなに陳腐な人間くさい自然志向なんですか・・でもって、バトルも結局…

正解するカド 第9話からの考察

第9話、驚愕のラストからの衝撃からようやく立ち直りつつありますので(^。^)、気をとりなおして「あの展開」の意味と今後の展開を考察してみたいとおもいます。これまでのカド関係の記事はこちら amori.hatenablog.com** 以下、第9話の内容に思いっきり触れ…

貴族探偵 「こうもり」

なんか今日貴族探偵の記事へのアクセスが急増してまして、当ブログ一カ月ぶんのアクセスを半日で軽々と凌駕してしまいました。amori.hatenablog.com 今頃、こんなマイナーブログの少し前の記事にまでたどり着いていただけるとは、皆さん「こうもり」回のイン…

正解するカド 第9話 ・・こ、これが野崎まどか(@_@:)

前回予告通り今回ネタが明かされました。 amori.hatenablog.com もう、本当に思った通りの展開で(^^)v・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・(ラスト1分)・・えぇぇぇ(@_@)・・・なんといいますか、バラエティのクイズ番組でよくある 「最終問題は100ポイントの…

正解するカド 第8話+ 終わりのオプション

ここが初めての方は、こちらで物語の設定考察を確認ください。 amori.hatenablog.com第8話の予告で「お前は神なのか・・」というセリフや多数のカドの描写がありました。ということは、いよいよノヴォがこの世界の創造主で、この世界はノヴォがなんらかの答…

正解するカド 第8話 終わりの始まり

「正解するカド」のわたしの解釈と予想 「ノヴォはこの宇宙、実はヴァーチャルな箱庭宇宙、の創造主であり、コンタクトの目的は人類文明の超加速によるノヴォを超える文明の収穫」 の詳細ついては、過去の記事を参照ください。 amori.hatenablog.com以上を仮…

映画「メッセージ」関連情報

SFマガジンに掲載されている映画「メッセージ」の紹介・解説記事がcakesに再掲されていました。cakes.muこれによると、原作に惚れ込んだ脚本家がなんとかプロデューサーを見つけ、映画としての巧み脚色を施した脚本を仕上げたことで監督を、女優を、そして原…

貴族探偵 原作⇔ドラマ どっちからでもすんごく面白い

ツイートの補足*** https://twitter.com/amori_twt/status/869884177944002560#貴族探偵 のドラマの第4話、温泉密室の原作をようやく読んだ。放送後の麻耶クラは「原作はもう一捻り」と言ってたが、本当に「え?ちょ、あれ?え?」ってなった(^_^;) すれ…

犯罪症候群 season1完結

東海テレビ製作でフジテレビ土曜深夜「大人のドラマ」枠で放送されてました「犯罪症候群」全8話が完結しました。貫井徳郎原作の症候群シリーズ三部作の最初のふたつ「失踪症候群」「誘拐症候群」で構成されたseason1、 わたしの期待通り、season2「殺人症候…

正解するカド: 第7話 浴衣回ですかw

「もう眠らなくていい」 という衝撃のヒキから二週間。話が大きく進むのかなと思ったら、温泉回・水着回ならぬ浴衣回w まあ、あからさまなミスディレクションでしょうね。 もちろん今回のヒキである「交渉側の分裂の危機」の導入舞台としての縁日なんでしょ…

Smart Newsで微バズった

昨日寝る前に書いた「メッセージ」感想記事が、夜のうちに意外にアクセスあったので 「お、これはメッセージがブレークしつつあるのか(^_^)?」 と思ったらSmart Newsからの流入でした。ブックマークはセルクマひとつ、リツイートもされてないアイキャッチの…

映画「メッセージ」テッド・チャン珠玉の短編の映画化

テッド・チャンの短編集「あなたの人生の物語」は、今なお、わたしのSFのオールタイムベストであり、オススメのSFを問われたならば、人生において巡り会うべき一冊として挙げる本です。その表題作※(Story of Your life)が映画化されると知った時はかなり驚き…

ロックインジャパン2017 ・・なんか今年すごくない?

昨日、アーティスト第三弾と日割り発表になったためか、ツイッタートレンドにロッキンが入ってましたね。・・・なんか今年密度がすごくないっすかhttp://rijfes.jp/2017/artist 日毎に観たいなーと思うアーティストを軽くチェックしただけで、タイムテーブル…

GRスナップ: 博物館

上野国立科学博物館の企画展は写真撮影OKなことが多ので、ついつい撮りまくってしまいます。 これは現在開催中の英国自然史博物館展の展示のひとつ。博物館の展示は意外に明暗差が大きいので、フォーカスポイントと露光ポイントがずれての失敗を多々やってし…