amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です。アニメの比重が高くなってます・・

プリンセスプリンシパル 感想

東西に分割された19世紀末のロンドン・・・

ヨダレが出そうな設定ではありませんか(^_^)

で、第一回。
回転するガバナやアナログガジェットの描写がスチームパンク的設定を予感させます。

ふむふむ、超エネルギーというか力学系を実現できる物質によって形成されたパワーバランスで生じた東西ロンドンとそこで繰り広げられるエスピオナージュなのですね。

ちょっとビターなテイストは、プリンセス版スチームパンクジョーカー・ゲームといったところでしょうか。

テムズ川で大きく西に進出している東西境界線の意味とか現実の歴史や技術史とのシンクロ度合いとか設定自体にも興味がつきません(^_^)

天使の3P(スリーピース) インプレッション

バンドものラノベという設定に惹かれて原作の第1巻だけ読んだ記憶があって、メモを掘り返してみたら、
「ロリ要素は記号に過ぎず、引きこもり青年が社会に向き合う成長譚、のプロローグ」
とありまして、
そうだった。
結局、引きがあんまり強くなくて続巻には手を出してなかったんでした。

しかし安定した人気は出たようで、その後も巻を重ねてたのですね。
そして、満を持してのアニメ化。

第1話をさっそく観てみました。

「昔読んだ原作の印象そのまんま。というか、むしろ少女たちの記号化が原作以上に甚だしい・・・」

というのが一番の印象かつ感想です。

導入からの主人公の引きこもり具合の描き方はとても自然かつテンションを抑えたもので、それがこのアニメの全体のトーンを示しているんだろうな、と印象づけられたのですが、
後半で登場した少女3人は、もうベッタベタのキャラ設定で、モジモジ/ハキハキ/無表情、おっさん的理解では、みくる/ハルヒ/長門有希、とまあ原作通りと言えばその通りなんですが、フリフリのロリロリとここまでなんのてらいもなくステレオタイプな設定を持ってくるとは、もうこれは「あえて」やってる感が強いです。
すこーしシリアスっぽく始めて、ニートが妖精(少女)たちにお願いされて、って、異世界転生ものですかw

・・と書いて、あ、案外この理解が「あえて」のところにマッチしてるのかな、思い始めました(^^;

引きこもりニートが、天使(少女)に連れられた行った先には、主人公がスーパー能力を発揮できるガジェット(ビンテージ・インストゥルメンツ)という宝の山。そして試行錯誤を経て天使たちを救う・・・うん、完全に異世界転生フォーマットだわ。

なるほど、こう考えてみると、記号感しかなかった少女たちが、フォーマットの力を背景にしてしっかり存在感を得られるかもしれないですね。

もっとも、わたし原作への理解が足りてない故かもしれませんが、アニメ化においてシリーズ構成の骨格を整えての展開とも思えますので、これはちょっと追いかけてみようかなと思います。


それに、音楽にはランティスが入っているので、楽曲や楽器・演奏描写は力入っててそれも楽しみです(^_^)

最初だけってことはないよな・・・

藤井四段のニュースから推定計算

連勝記録の更新は止まってしまいましたが、これはむしろ次の記録更新の余地を残してくれたということで(^_^)

将棋についてはルールを知ってるだけのど素人なのですが、やはりスターが現れると情報が増えて興味がどんどん深まりますね。

日ハムの大谷とか卓球の張本とか、フィクションならば編集に没をくらいそうなチート級の新人がリアルに次々出て来るとは、長生きするもんですなw

さて、次の興味はタイトルへの挑戦権獲得、そして名人戦への道筋です。(にわか感)

そんなところに31戦目の30勝のニュース。
「C2級の順位戦で2勝目。全10戦で50人中3位になれば昇級」
昇級を続け、A級を勝ち抜いてはじめてたどり着く名人へ挑戦権の長い長い道筋の第一歩です。(にわか知識)

あと何勝したら3位になれるんだろ?

ざくっと暗算できる程度で推定してみましょう。
仮に全棋士の対局の勝率を50%とすると、勝ち数は二項分布に従い、

10勝: \displaystyle \frac{{}_{10}C_{10}}{2^{10}}=\frac{1}{1024}
9勝: \displaystyle \frac{{}_{10}C_{9}}{2^{10}}=\frac{10}{1024}
8勝: \displaystyle \frac{{}_{10}C_{8}}{2^{10}}=\frac{45}{1024}

8勝までで、10勝: \displaystyle \frac{1+10+45}{2^{10}}=\frac{56}{1024} だいたい上位5%ちょっと。

50人中の上位3人は6%なので、8勝2敗ならば上位3人に入るこたが期待できそうですが、

(ちなみに7勝までにすると分子が120増しで約17%で8〜9人となりオーバー)

ここで勝率が全部同じという仮定を見直します。
10勝は0.1%、9勝は1%ですが、上位の棋士は勝率が高いのでこの数値も高くなるはずです。
ということは目安として1敗。2敗ならば可能性ありという感じでしょうか。

それでは答え合わせで、前回の結果を見てみましょう。最初っからググればいいのですが(^^;
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2016/75c2/index.htmlwww.shogi.or.jp

全勝はなし。9勝1敗が3名でここまでが昇級。8勝2敗が2名。5/51名で10%弱が2名までに入ってるということは、やはり上位者の勝率はかなり高く、上位と下位へ分布が広がってるということなのでしょう。

ちなみに7勝は10名なので3敗までが15名15/51で30%弱。均等勝率の仮定17%からの偏りがわかります。


推定はだいたいあってたけど、C2級は実力差が結構あるクラスだということも関節的にわかりました。

藤井四段、順位戦はあと7勝だね。

正解するカド: 最終回の感想と総括

前回からの想像通り、やはりヤハクイザシュニナの掌の上での反撃でしかなかった、という展開からもう一回どんでん返しの最終回。

今回は驚く前に笑ってしまいました(^。^)

あーなるほどー、中盤からのラブロマンス要素はこのオチのためのあざとい伏線だったのね。うん、これはフェアだわ・・・

な、わけあるかいや(-_-;)
それがありならもっと早く出てきて(時間コントロールできるだから)いやボーン回避できたやん・・・

ほんまにもー、完全にバカSFで完結したなー。


・・ただですね、この最後の展開のおかげで自分でも意外なほどに「あー、面白かったあ」と、バカSFの結末に納得できたというのもありまして、

あ、バカSFは褒め言葉です(^_^)

多分これは、自分が観たいと思って繰り返し予測していた
「人類が創造主の思惑を超えて発展進化する」
という展開が、バカSFとは言え、曲がりなりにもひとつの形になってた、ということに尽きるのではないかと自己分析しています。

人間って自分が観たいと思った範疇に入ったものはとても広く許容できるもんなんだなあ、と、つくづく納得しました。

実は、
わたしが第2話時点でこの作品の大まかな設定を予想できたのも、種を明かせば
「箱庭宇宙の住人と創造主とのファーストコンタクト」
というプロットというかアイデアが、随分と昔から頭にあったからなのです。それはイーガン「クリスタルの夜」よりも更に遡ってホーガン「造物主の掟」あたりがその原点だったような気がします。基本的なアイデアがほとんど同じだったせいで、序盤に散りばめられたアレヤコレヤがどれもこれも納得できるという展開だったわけです。

↓こちらがその予想。
http://amori.hatenablog.com/entry/2017/04/25/184634


観たかったものみられる、というのは本当に嵌められるもんなんだなあ、と改めて実感しました。

逆に後半の、実はバカSFに向かっていた展開については大外し。そりゃ自分が観たい設定からは大きく離れていくばかりだから、頑張っての考察や合理化は色々と無理ありましたね。

惜しむらくは、もっと早い段階でバカSF展開を全面に出していてくれたならば、
「このバカSF展開に、そんな勿体無い大ネタのSF設定持ってくるかあ?頭おかしいww(褒め言葉)」
と、もっと前のめりでダレることなく楽しめたのになあ、と思ってしまいます。

あと、意外だったのは、9話のラスト以降、もしくは7話8話の縁日回デート回展開あたりからネットでは
「面白くなってきたー」
という反応も少なくなかったことです。
これも、その人たちにとって「観たかったお話」だったということなのでしょうね。

一定数そういう人たちがいるということは、プロデューサーがとりあえずラブロマンス入れようとするのは、数字の積み上げには貢献するもんなので特に製作委員会方式だったりするとしょうがないんでしょうね。
そう考えると、シン・ゴジラでその圧力を蹴っ飛ばしトコトンまで自分のイメージに固執した庵野監督の信念はすごかったんだなあ、と改めて認識しました。

シリーズ構成や製作についても色々な意見はあったんですが、上記のように色々と昇華されてしまったようで、

ま、なんだかんだと文句言いつつも、お釣りが来るぐらい楽しめた作品でしたので、結果オーライです。

どれ、積ん読野崎まどに手を出すときがきましたか(^_^)


補足:
anond.hatelabo.jp
を読んで思ったのだけど、最終回のオチは森博嗣の某作への強いオマージュと言えるのかも。わかる人にはわかりますよね?

他の正解するカド関係の記事はこちら
amori.hatenablog.com

関ジャニ∞/ジャム: やはり「今」が別格

ザッピングしてて「あれ?Kenkenがテレビ出てる?」と見つけた、関ジャム完全燃SHOW。毎週の楽しみのひとつです。
で、この番組でお馴染みのアーティスト・プロデューサーたちが参加する新譜の「ジャム」を心待ちにしておりまして、早速買ってきました。

・・そういえば、ジャニーズ関係のCD買ったの初めてでしたわ。

以下アルバムインプレッション

とっても楽しいアルバムです(^。^)。

楽曲提供者の個性と関ジャニの個性とがいい感じで溶け合って、関ジャムという番組のテイストを反映したものになっていると思います。

特に白眉なのは、やはり「今」。
これ、ほ・・もとい、nise akira提供の楽曲が良いこともあるのですけど、菅野よう子の編曲による完成度が別格です。

もちろん他の曲もバラエティに富んでいてそれぞれに楽しいです。番組で製作過程を紹介していた「DONAI」なんかは狙ってる線が実にツボでとっても好きで、「あー、こう来たかー(^。^)」と思わずニヤリとさせられます。クリエーター陣のあれやこれやの工夫やそれに応える関ジャニのパフォーマンスが本当に楽しい。

「今」の何が別格と感じるのかといいますと、その真逆でして、
「プロデュースの作為がほとんど前面に出ないで、楽曲全体がひとつの完成された作品」
という印象を受けたところです。

もちろん楽曲提供の星・・もとい、ニセ明の作風は随所に感じられますし、華やかなアメリカンポップス風のバックとか関ジャニのカラーを活かしたアレンジなどのプロデューサーのオーダーは感じなくもありません。
しかし、それらの要素も楽曲構成に綺麗に吸収されていて、あたかも全てが予定された調和にしたがっているかのようです。
菅野よう子を天才として賞賛している田中公平とか神前暁ならば、何がそれを実現させているかを解説してくれるのかもしれませんが、
凡人のわたしには、ただただ「なんか知らんがスゲえ(°_°)」という感想しか持てません。

この曲は、今後とも色々な場面で歌い継がれていく関ジャニを代表する特別な一曲になるのではないだろうか、とすら思います。

・・ついつい菅野よう子推しになってしまいましたが、どの楽曲も面白くおすすめのアルバムです。


星野げ・・もとい、ニセアキラが関ジャムに出て来て、アレンジの解説してくれないかなー。

#曲名がここのところワンワードばかりなのはヒットの験担ぎなのかな。

貴族探偵 圧巻の最終回 \( ˆoˆ )/

終わっちゃったー・・・

ほんと面白かったです。
いちげんさん放ったらかしの事件編では既読組には、過剰なまでの設定アレンジのフックに翻弄されまして、

・えー、脅迫?予告?
・なーる、バラの飾りから星座オブジェにアレンジしてきたのか・・・って、え、あんたが鈍器、もとい、オブジェ並べたら犯行の流れ変わってまうぞ・・
・んーと、そもそも昔の事件の関係者が出てきたら因果関係かわってくるやん
・で、被害者がこうなると、あれとこれはどうなるん?
・貴族、プロットに重要な雨のシーンを月9演出で蹂躙したーw
・・・ここまで弄って原作のミステリコアどうなるん?

と、翻弄されまくりに加え、

最終回でも、
高橋瞳の使用人が生き残ってる・・
・貴族は原作みたいに拘束され、女探偵もある意味拘束されてる。んーと、犯人の仕込みはどっちだ?
・貴族側の使用人が出てきたら原作の大オチが変わってしまうー
・え、使用人に捨て推理・・・

とかさらに翻弄されてるうちにアレヨアレヨと、終わってみたら、
あれ?結局ほとんど原作通りじゃね(°_°)? ど、どこで元に戻ったんだ??

と、さらに混乱するほど、原作の本質的な部分はきっちり踏襲されて構成されてたという。

いや、本当に脚本脚色の練り上げ方には感歎しました。これを作り上げたスタッフはさぞや楽しかったろうなあ。
そしてスペシャルエンディングで、原作・スタッフ・俳優陣へのレスペクトと、シリーズ構築をやり遂げた達成感を強く感じました。

残るエピソードと「いつかまた」の隠しメッセージに次なる期待を抱きつつ、まずは類稀なドラマに感謝です。

正解するカド 第11話 それでもまだ希望が・・

えーっとですね、さすがにあと一回でステレオタイプな展開をひっくり返してはこれないでしょうねえ(-.-;)

これまではこの作品のプロットについてのみ解釈や予想をコメントしてきたんですが、さすがに製作自体にコメントしたくなったので、これについては記事を分けます。

さて、ヤハクィザシュニナの人類拉致計画を阻止するべく、真道と沙羅花は品輪のサポートを得て対策を準備した・・
という展開はあまりにもストレート過ぎて、これ自体がミスディレクション出ないかとすら思ったりしなくはないのですが、第7話〜第9話でハードSFから人間ドラマにクロスフェードしてきた流れからして最終話でハードシリアスSFの比重が大きくなることは、まあないでしょうねえ(ToT)

巨大化し人類を飲み込んだカドが、ヤハクィザシュニナと真道との対消滅を起こし、それを沙羅花が涙とともに見つめ、バックにエアロスミスがかかる、
みたいな終幕でも、もう全然驚きませんわ(´ー`)


まあ、それでもまだ残された希望があるとしたら、
・品輪はあのスーツを対ザシュニナ兵器と思って作ったわけではなく、また異方に行くなら喜んで行く気配がありあり。
・ヤハクィが沙羅花達を閉じ込めた、と言っているガジェットと、沙羅花が閉じこめようとしてるガジェットが見た目同じ。なのに沙羅花たちは自由にこちら側と往き来してる。てことは、ヤハクィはわかってて真道と沙羅花を泳がしてるわけで、品輪に異方アクセスの知識をも授けてるんだから、結局は全てヤハクィの掌の上という展開もあり。
・ヤハクィが読んでいた小説は、有島武郎の「実験室」のよう。これ、病気で死んだ妻を解剖する医師の話。前に「人間万歳」が展開の暗示だったことがあるから、これも暗喩だとしたら、解釈しだいでバッドエンディングへの期待もなくはないような・・・

さて、どうなりますかね。と、思わせてくれるだけでも、充分楽しい作品だったことは確かです。
予想の外し方が、斜め上でなく斜め下だったのだけは残念でしたけどね(^。^)


ちなみに「実験室」の概要
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/実験室_(小説)ja.m.wikipedia.org

本編は青空文庫にはありませんが、国会図書館のデジタルコンテンツがありました。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1109899dl.ndl.go.jp