amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です

正解するカド 第8話 終わりの始まり

正解するカド」のわたしの解釈と予想
「ノヴォはこの宇宙、実はヴァーチャルな箱庭宇宙、の創造主であり、コンタクトの目的は人類文明の超加速によるノヴォを超える文明の収穫」
の詳細ついては、過去の記事を参照ください。
amori.hatenablog.com

以上を仮定・前提として今回のエピソードを観ると、実に示唆的な内容でした。

沙羅花は、異方存在がこの宇宙を変えてしまうことを恐れて異方存在を帰すことを主張します。
「この宇宙は『自然に』生まれたもの。守るべきもの」との想いから。

しかし、同時に沙羅花が家業の彫金の龍を紹介した時に「空想の生き物を『形作って信じる』ことができる」とも言っています。
これは沙羅花が無意識のうちにこの宇宙が『創られた』ものであることを感じており、その無意識が異方存在への拒否の結論を導いているのではないでしょうか。

幼い沙羅花が持っていた彫金の亀。古くは亀が宇宙を支えるものの象徴でした。
彫金の亀が暗示しているのは、宇宙もまた人の手によって作られること、でしょう。

・品輪助手の折り紙ワム、
・真藤母の亀の折り紙、
・そして沙羅花の彫金の亀。

これまでの象徴的な造形がどれも女性にリンクしているのも偶然ではないはずです。

つまり、人類もまた新たな仮想の世界を生み出すということです。


品輪助手のワムの折り紙で示されたように、
形状こそが異方との境界を現出させる本質であり、サンサによってカド・異方の概念を認識できるようになった人間には、カドの向こうの事象を利用し新たな科学を発展できるようになります。

それこそがノヴォの目的です。この宇宙は人間という処理プロセッサを大量に高密度高サイクルで稼働させるためのプラットフォームとしてノヴォが作り出した存在なのでしょう。

それでは、この先ヤハクィによって人類はどこに向かわされるのでしょうか。そしてその結末は?

現時点での手がかりはオープニングの映像シーケンスでしょうか。
壁画で人類の進化が暗示され、現代の写実的な描写に繋がり、最後は繭で再生を待つかのような女性、たぶん沙羅花、が描かれています。

ここから推測するに、この物語は人類が作り出す新たな世界に沙羅花(のアバター)が新たな交渉官、すなわちその世界のヤハクィザシュニナとして転生し、新たな文明の発展に関与する、という結末にむかうのではないか
と思うのです。