読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です

gdgd妖精s 劇場版とな

劇場版gdgd妖精s(ぐだぐだふぇありーず)っていう映画はどうかな・・・?

 

「てさぐれ!部活もの」で明坂が心底嫌がってたいるようだったので、gdgd3期はもうないかなと思ってたんだけど、まさか劇場版とは驚き。

 

あのgdgd感を劇場にかける勇気は称えたいが大丈夫かなあ。深夜だからこそのノリがうけてたのだろうからニコニコでの実行可の上映とかの工夫がいるのではないかな。

 

それはさておき劇場版製作決定記念に以前作成したgdgd系の作品の出演者の系譜図を大幅にアップデート。

 

gdgd系、つまりgdgd妖精sおよびその後の系列の声優さんが絡んでいる作品をピックアップした系譜図である。(BiSは声優さんがからまないので割愛)

この系譜中、洲崎綾内山夕実佐倉綾音はgdgd系の作品には厳密には出演してはいないのだが、この界隈の仕事の関連および昨今のあれやこれやを踏まえると彼女らを抜きにして系譜はほとんど意味がいないのでできるだけ関連作品をひろってみた。(洲崎綾は「てさ部アンコール」BD特典の特別企画「西洲崎」でコラボしている)

 

それに、この夏期は「みならいディーバ」で内山夕実の相方の山本希望がgdgd系の一員となり、「穏やかでないのじょさん」の動向にも目が離せないわけでw

(なんのこっちゃよくわからに人は、ラジオ「洲崎西」「まよなかデリバリー」関係の情報で「のじょさんが穏やかでない」あたりを検索してみるよろし)

 

gdgdの系譜 ver.4.0

ちょっと大きいのでこちらから落としてね

色つきの枠で囲っているのがいわゆるgdgd系の作品。

赤が「石ダテ監督(脚本)作品」で、黄色は「菅原そうた作品」

gdgd1期でこの路線の基盤を築いた石ダテ監督は2期からはgdgd妖精sから離れてしまったが(経緯はこちら)、その後も色々と試してみてきて、前クール「てさ部」になったわけで、gdgd系としての作品発表はこちらのほうが本流である。

この夏はさらに無茶して「みならいディーバ」で生放送にチャレンジするというので、また話題を呼びそうである。

 

一方、本家のほうは今回のgdgd劇場版発表でようやくこの路線の活動を再開したようなところ。仕掛けが大きい分時間がかかったのかな。あどりぶ系作品で定評のある森りょいちを脚本に招いていたりして、同時上映でさらに新しいキャラグループを結成していたりしてプロデュースには手をかけているみたいだ。

ただ、元もとはgdgd感と声優さんのアドリブ力が肝心の作品なはずなので、あまりプロデュースに手を掛け過ぎると本来の持ち味が出ないかもしれないので、そこはちょと心配。実際、石ダテ氏が脚本から離れたgdgd2期は好き嫌いが結構わかれていたりする。

まあ、ふたを開けてのお楽しみだな。