amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です

貴族探偵 原作⇔ドラマ どっちからでもすんごく面白い

ツイートの補足

***
https://twitter.com/amori_twt/status/869884177944002560

#貴族探偵 のドラマの第4話、温泉密室の原作をようやく読んだ。放送後の麻耶クラは「原作はもう一捻り」と言ってたが、本当に「え?ちょ、あれ?え?」ってなった(^_^;) すれっからしミステリファンにはドラマが強烈なミスディレクションになってたわ・・未読のかたはおすすめ

***

貴族探偵のドラマ、先日の第七話で原作組も大騒ぎのシリーズ構成全体への仕込みが明らかになりました。
原作組そしてかなり特異な麻耶クラスタみたいな層が狂喜乱舞するような映像化ってほんとに史上稀なことなのではないでしょうか。

わたしはこのドラマ化ではじめて麻耶作品を知って、ドラマと追いつ追われつで原作を読んでるんですが、5話からの演出脚色の加速感はほんと凄いと感じてます。

で、ツイートしたように原作の順番の関係で第4話(釈由美子ゲスト回)の原作を今頃読んだのですが、マジに
「え?、ちょ・・あれ?え?ええ?えええっ(@_@)?!」
なってしまいました。
いや、わたしもまあ人並みにはミステリ読んでるので、その種の仕掛けには精通
してるつもりだったんですが、下手にドラマのプロットが記憶が強かったのがミスディレクションになってしまいました。
第七話(広末回)の改変の記憶も間接的なミスディレクションになってたかな、とも思いました。

いやー、それにしてもミステリでこんなに「ええええ???」て、錯乱混乱したのほんと、久しぶりだったなあ。

ドラマスタッフ、そして原作にネタバレなしで優しく丁寧に導いてくれた麻耶クラスタに感謝(^_^)