amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です

映画「メッセージ」テッド・チャン珠玉の短編の映画化

テッド・チャンの短編集「あなたの人生の物語」は、今なお、わたしのSFのオールタイムベストであり、オススメのSFを問われたならば、人生において巡り会うべき一冊として挙げる本です。

その表題作※(Story of Your life)が映画化されると知った時はかなり驚きました。
原作小説は繰り返しになりますがオールタイムベスト級の作品です。しかしいかんせん短編です。短編として珠玉な作品なんです。
ファーストコンタクトにおけるコミュニケーションの謎解きと主人公の人生がオーバーラップするというその内容は、語り口が非常に内省的かつ叙情的で、そのテイストそのものが静かなSF的なインパクトを持つというものです。
このような作風の短編を一本のメジャー作品として膨らますというのは、まあ普通に悪い予感しかしないですよね。

映画原題もARRIVALだし、チャンの原作は原案あつかいなのかなあ・・・
実際、公開前の宣伝情報では「原作にはない、ファーストコンタクトが引き起こす世界の緊張という要素が加わえられた」と知って、ますます「ソレジャナイ・・」感が強まっていました。

そう思いつつも劇場に足を運ぶに至ったのは、やはりそうは言ってもテッド・チャンの作品がどのように映像化されるのかをこの眼で確かめたかったのと、「正解するカド」で今現在ホットなテーマであるファーストコンタクトものアレンジに興味があったからです。

で、インプレッションです(ネタバレなし)

メジャー作品としてプロットを膨らませてあり、表面的にインパクトのあるメインの展開は映画独自のものでした。
しかし記憶と印象に残るであろうエンディングはたしかに原作のコアなテイストをしっかりと保っていました。

主人公の人称視点は最後までぶれることなく、画面構成も一貫して抑制の効いた落ちついたもので、一歩間違えると地味で難解なアート系映画になりかねない作風のところに、絶妙なバランスで話を広げてエンタメ性とプロットの理解を容易にする構成を実現させていました。
原作通りのプロットだったらSFに慣れてないと終盤の展開を理解できないまま観終わってしまう人が多数でたかもしれません(^_^;)

・・ほんとにギリギリですけど、原作を壊さずに見事にメジャー作品に仕上げられたなあ、と素直に賞賛を贈りたいです。

面白かったあ(^_^)

※短編集のタイトル原題はStories of Your life and others