amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です

正解するするカド ・・ヤハクィは何しにNIPPONへ

次は総集編なので、ちょっと回を戻って考察を。

異方存在がなぜ日本に来たかについては、ヤハクィが「日本はパンを分け与えるから」と答えてますが、これは日本の国もしくは国民性のことを言っているのではないと思います。

だって人間の思考や国家の機能についてはコンタクト後に理解したわけですから国民性が判断基準であるはずがありませんから。
(ただしこの宇宙がノヴォが作ったバーチャルな宇宙だという前提においては時間をロールバックして何回かコンタクト点を探した結果という可能性もありますが、これまでの描写から少なくとも1回目の状況が続いているという前提ですすめます)

ではノヴォがこのタイミングで日本をコンタクトポイントとしたのなぜか?

それはノヴォの目的(のための手段)である人類の文明の超加速を促するのに文明と科学の進歩が一定の水準まで熟した、と判断かたからでしょう。

その評価基準は、おそらくはエネルギーの高度利用と情報処理量の増大でしょう。

コンタクト前にノヴォが観察できる現象はかなり限られたものでしょうから、エネルギーについては原子力エネルギーの使用そしてエネルギー流通の動向、情報処理量についてはネットワーク及びスーパーコンピュータの発展が観測に引っかかったのかなと思います。

日本はエネルギーの輸入消費はトップレベルで原発稼働数も多い。そしてそのエネルギーによる工業製品がエントロピーが低い情報を持つものとして世界に配分されています。
ネットワーク経由での情報処理発信量も世界的にかなりの規模です。
羽田空港という場所では旅客量もトップレベルなので、エネルギーや情報の流量が多く、人間をひとつの情報処理装置としてみると、エネルギーと情報が世界と大量に行き来している場所と考えららます。

まあ、このような条件を満たす先進国は他にもありますが、日本はその密度と長期にわたる経済成長として抜きん出ているかと。

そしてなんといっても、人口が集中する都市エリアで核エネルギーの放出が観測された唯一のエリアですから・・・