読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です

正解するカド 第5話 展開が早い(^。^)

前回の感想予想で、「無限エネルギーの次は無限情報処理能力でその展開はもうちょっと先かな」、と書きましたが、
半分あたって半分は予想を超えてきました。
ノヴォの最終的な目的である(とわたしが妄想している)人類の文明を急速に進めて、ノヴォにも未知である真理や原理を得るという展開において、ノヴォ側の知見を人類に伝えるというステップが、無限情報処理能力だと踏んでいたのですが、
ワムの原理を伝えることでその端緒にするというのは予想外でした。

なるほどなー、ノヴォ側からのワムの生産数には限界があり、それが地球側でのエネルギー格差による紛争をもたらすのは文明の発展を阻害するものであり、ノヴォの目的に反するわけですな。
ならば地球側に直接ワムを作らせることを可能にすれば、その生産力は一気に拡散できる。

そこで問題となるのは、ワムの原理を如何にして人間に理解させるか。

品輪博士を電波暗室に入れてワムを観察させたのは、博士の脳細胞を電磁的な影響を与えることでワムの原理のインスピレーションを実体化させ、人間の理解てきる形の情報に翻訳させるためで、品輪博士が適格者というのは、彼女の理解力洞察力がすでに観察分析されていたからでしょう。

次はカドの移設という感じなので、いよいよ人類にカドの原理が伝達されるのかな。

[ちょっと追記]
今回のエピソードがうまいなあと感じたのは、世界全部を的に回して状況をひっくり返すという流れが、総理による空前絶後なw情報の爆弾を炸裂させたことであり、作画上は極めて地味だったところですね。
神のハンマーが振り下ろされる展開はさぞや派手なものになるかと思ってたんですけどね。
ノヴォの行動原理に完全に即してますし、その結果としてジワジワとくるインパクトの凄さは脚本の勝利ですわな(^。^)

次がほんとに待ち遠しい。

これまでの考察はこちら
amori.hatenablog.com