amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です

正解するカド 第3話 ・・ドンピシャだったんじゃね(^_^;)?

えー、誓っていいますが、先の第2話視聴後のこの作品の構造予測は本当に第3話観る前に書いたものなんですよ。(MXの方が先行放送されてたと後で知りました)

amori.hatenablog.com


もうね、この回の全てのワードや展開が完全に予測の範疇にハマるもので、シーンごとにガッツポーズしてしまいましたw

「神様ってことはないよな・・」
(この宇宙の創造主だってば)

「情報を可能な限り齟齬なく伝達する」
(そう、ノブォにとって、この宇宙を理解するには人間の認識と思考という情報の理解が重要なのだ)

「高次元ではなく異方」
(そうだよな。高次元ならば、神の存在は同じ宇宙ということになっまてしまうまのね)

「世界の進展させる」
(これはミスリーディングも含んだうまい言い回し。世界ってノブォ側の世界のことでもあり、地球側の進歩の情報こそがノブォが欲しいもののはず)

「進歩」
(ほらほらー。やつの目的はこの宇宙での文明の進歩を超加速させて、ノブォ側でも未知の科学や知見を得ることなんだろーが)


というわけで今回提供されたワム=無限のエネルギー供給源

これ、人類の文明進歩の律速がエネルギー供給の限界と判断しての強制介入なんじやね? 理論物理を突き詰めていくと国家レベルのリソース投入が必要だし、これはすなわち人類の英知の地平はエネルギーを使える限界にあるということで、ノブォはこの障壁を取り払って人類をさらに先に進歩させようとしているのであろう。

そしてこれはもちろん人類を導く神の恩寵であるわけがなく、その進歩こそが神の望む収穫なのだわ。

次回予告では、エネルギーの局所的偏在による国家間の争いが発生するようだが、文明の進歩を最優先とする神は当然ハンマーを振り下ろすだろう。

ん、これ宗教的モチーフいっぱい取り入れてきてたりする?

名前もヤハヴェとかそれっぽいよな


次回予告ごとに表示される文字はどっかで解読班が分析中なんだろな。

これまでの正解するカドの記事はこちら

amori.hatenablog.com