読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です

第12.1話からのジャパリパークの成立と放棄に関する考察

サンドスターによるフレンズ化という未知の現象と、
ジャパリマンによる食糧供給という人工的なシステムの成立との関係が謎であったのだが、

第12.1話でのフェネック
「しばらく歩いていたからサンドスターが不足してる」
というセリフで、
実はフレンズはジャパリマンがなくてもサンドスターによって活動エネルギーを得ることが可能ということが判明した。

ということは、ジャパリマン供給システムとは、
フレンズたちをジャパリパークにおいてサンドスターなしでも生存可能とするために人工的に構築されたシステム
であろうことが推測される。

よって、ジャパリパークの整備と放棄について以下のような経緯が考えられるのではなかろうか。

・ある時、サンドスターによるフレンズとセルリアンの発生という現象が観測された。

・有機物由来のフレンズは元の生物の特性をおそらくは遺伝子情報の解析という形で保持し、
・無機物由来のセルリアンは、フレンズを元の動物を再構成するという機能をもっていることが推定された。

・人類はフレンズを研究するために、フレンズをそのまま状態で保持する環境を準備した。これがジャパリパークの前身となる。

・フレンズの生態系を観察するための環境を阻害するセルリアンの発生を防ぐためにサンドスターの発生を抑止した。

・フレンズへのエネルギー供給として、サンドスターの代わりにジャパリマン供給システムを整備した。

・捕食行動をとらないフレンズたち安全であるため、研究機関と併設してアトラクションとしての一般公開設備が整えられた。これがジャパリパークである。

・時が経て、ある時サンドスターの発生をコントロールできない自体が発生し、巨大なセルリアンが発生した。

・巨大セルリアン排除のために武力行使までしたが失敗し、サンドスターのコントロールもできなくなり、最終的にジャパリパークを放棄することになった。

・残されたフレンズは、残像するジャパリマン供給システムによるエネルギー供給、セルリアンによる捕食そしてサンドスターによるフレンズ発生、というあらたなバランスを持つ生態系を生きることになった。


・・・そしてヒトが去ってから幾歳月
バンちゃんがヒトのフレンズとして生まれたところから物語は始まった