読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amori's blog

よろず技術系と趣味関係の雑記です

BABYMETAL, 7th July, @ The Forum, London

というわけで、BABYMETAL歴2ヶ月未満ではありますが、縁あってロンドン公演に行ってまいりましたw

セットリストは(たぶん)先週のパリ公演・ケルン公演と同じ。(いずれここに更新されるでしょう)

 

楽しかったー(^^)

そんでもって凄かった―。3人のノンストップのキレッキレなパフォーマンスと神バンドの重厚かつ磐石なサポートでオーディエンスのノリもなかなかで、一回のフロアは最初から最後までクラウドサーフィンが途切れませんでしたよw

 

もうね、開演の前から会場の熱気ははちきれんばかりで、BGMにかかってたメタルの曲で既に盛り上がり。

見たところ日本人の比率はロンドンの街中で見るよりはむしろ少ないぐらいで、ほぼ完全に地元のオーディエンスで、客層はライトかつ平均的なメタル好きってとこでしょうか。日本で言えばマキシマム・ザ・ホルモンあたりの感じかな。

 

実はこちらの座席システムに不慣れなもので、2階席かと思って会場いりしたら、座席はベンチみたいな感じで場所が決まっておらず早い者勝ちだったのでした。

で、どうせ中途半端な立席になるなら舞台がよく見えるところということで、ほぼ一番上の見通しのいいところから観ることにしまして、結果的に会場全体の様子も眺めることができました。

一階フロアはいうまでもなく最初から最後までテンションマックスで、2階席でも半分くらいはテンション高かったですね。も一つ上にボックス席みたいなテーブルを囲んだ落ち着いたエリアがあり、客層もちょっと落ち着いていて、もしかしたら関係者かレビュー記者なのかなという感じだったのですが、中盤以降は一緒になって踊ってましたわw

 

とにかくオーディエンスの熟練度が凄かったです。イントロのカウントだけで合唱が始まるし、「いいね!いいね!」とか「どっきっどっき、もーぉにーん」とか「いま何時!」とか完璧な合いの手コールで、暗がりの中でここはほんとにロンドンなのか思うことも数限りなくw

 

正直言ってですね、ギミチョコとかの世界的に認知された以外の曲で、特に初期のアイドル色が強い楽曲で、海外のオーディエンス、しかもメタルファンがどの程度ノッてくるのか疑問だったんですよ。いくらメタル・ラップ・EDM風の味付けをしてるとは言え、PVを観る限りではまずアイドルのKAWAIIありきで、YUI/MOA METALのあどけなさと幼さは痛かったりしないのかな、とも(^^;

 

しかしそんなん疑問は圧巻のライブパフォーマンスで完全に吹き飛びました。

上記に挙げた懸念、わたし自身がハマる前にちょっと感じたギャップは、もう完全にBABYMETAL独自のメタルのスタイルとして、しっかりと重厚なメタルサウンドと両立し、キャッチ―かつユニークなメロディやリフとして進化したと感じました。

短期間に数多のステージをこなしてきたことで、プロデューサーの当初の「アイドルとメタルの融合」などという意図は遥かに超えてしまっているのではないでしょうかね。

スキンヘッズのおっさん達までも、ギミチョコに歓喜し(しかも、あのフリ尽きで)、メロディ単体ならば完全にアイドルの楽曲で初期の曲を大合唱している熱狂のライブ会場を経験し、これはもうひとつの新しいジャンルを創造してしまったのではなかろうかと感慨を新たにしました。

 

・・・・興奮さめやらぬまま、勢いで書いてしまいましたが、いや、ほんと素晴らしいライブでしたあ(^^)